よくあるご質問

全般のFAQ

カーボンオフセットって何ですか?

本来の考え方は、自分の活動ごとの排出量(カーボンフットプリントとも言います)を、他から排出削減量を調達してきて、それを失効させることで、相殺(オフセット)させる(その分の排出量を地球から削減させる)ものです。PEARはこの考えに忠実な本来のカーボンオフセットサービスを提供いたします。

購入したカーボンオフセットサービスは、京都議定書の目標達成に寄与するのですか?

PEARのカーボンオフセットサービスは、カーボンオフセット本来の考え方に基づき、日本の目標達成には使用せず、当該量の排出削減クレジットを失効手続きをいたします。なお、以前は日本政府の排出権登録簿の取消口座に移転するという手続きが存在しましたが、現時点では残念ながら日本は京都議定書第2期には参加していません。したがって、(日本政府も認めている方法として)、社内の排出権管理システムにおいて、失効手続きを行うという形で、オフセットを完了することとなっています。

本来CO2排出は自分で削減すべきではないのですか?

現代社会に生きる限り、生活のためには、少なからず、直接・間接にCO2を排出せざるをえません(日本人は平均して年間10トン程度のCO2を排出しています)。PEARは効果的に行動変革ができるため、カーボンマネージメントのツールとしてのカーボンアカウントを提供していますが、それでもご自身の努力でも減らしきれないCO2排出を、「さらに」減らしたいという気持ちがおありでしたら、PEARのカーボンオフセットの仕組みがお役に立てます。
今の社会はさまざまな分野で「分業」という仕組みが一般的になっていますが、カーボンオフセットや排出権の考え方は、それを「CO2削減」という分野で行うものです。PEARは、ご購入頂いたカーボンオフセットのkg数に応じ、その分の温室効果ガス排出削減を確実に行うことをお約束いたします。

カーボンオフセットを買うのならいくらでもCO2を出してもいいのですか?

PEARでは、カーボンオフセットは『個々人の「責任感」に基づくべき』と考えています。カーボンアカウントで消費を把握し、何のためにどれくらいオフセットするのか、考えて頂ければと思います。それによって、消費活動とCO2との関係を再認識してみてください。PEARは,それが、「ご自身のライフスタイルや生き方の表現方法」であると考えていただきたく思っています。

My箸やエコ買い物バッグなどの地道な活動をどう考えますか?

CO2は個々人の生活すべてからすこしずつ出ています。それをすこしずつ減らそうという活動はすばらしいものです。 PEARも、もちろん推奨します。 ですが、万が一そのような活動が、「それで十分だ」という考えに結びついてしまっては、逆効果だと思います。そのためにも、数量的な排出量や削減量の把握が大切と考えています。

他のカーボンオフセットプログラムとの違いは?

PEARのカーボンオフセットサービスは、消費活動ごとにできるだけ正確にCO2排出量を算定するツールを提供し、基本的にそれらの排出量に対応したものとしています。そして、オフセットは責任感に基づくべきものであるという考えの下、そのコストを負担するのは、消費者自身であるべきと考えています。
カバーする活動も、エコノミーワイドなものとすべく、調整活動を進めています。限られた商品のみでは、意味が弱いと考えています。そして、オフセットを免罪符的なものにしないため、個人のカーボンマネージメントという概念を導入し、PEARカーボンアカウントというCO2をマネージする口座機能を、みなさまそれぞれにご提供いたします。消費者のみなさまには、それを個々の活動を定量的に振り返るためのツールとして使っていただきたいのです。(申し訳ありませんが、2016年4月末からこのカーボンアカウントによるサービスは終了いたしました)。
加えて、PEARは海外でのプロジェクトの「質」にこだわっています。1トンは1トンという考え方ではなく、持続可能な発展へと続くプロジェクトを、PEARの専門性を用いて開発・実施し、現地住民のためCO2削減以外の便益を提供いたします。また、CDMの厳しい審査機能を使うことで、削減量の数量的信頼性を確保します。
さらに、カーボンオフセットの主旨に厳密に順じ、調達したクレジットを日本の目標達成に使用せず、使わなくすることで、京都議定書目標を超えた地球上から確実な削減を行います。
PEARは、このような高度な専門性に支えられた機能をそなえ、行動変革にまでも踏み込んだカーボンオフセットプログラムとして、世界で唯一のものと考えています。

わたしの「○○○」をオフセットできますか?

その活動からの排出量を、PEARカーボンアカウントの中で計算できるでしょうか?
まずはご自身のその活動からのCO2排出量を計算してみましょう。算出にあたっては、このページをご参照ください。そして、お問い合わせフォームより、その分をオフセットしたいとご連絡いただければ幸いです。
もし、このページの情報ではわからないということがありましたら、お問い合わせフォームよりご相談ください。

活動ごとのCO2排出量はどうやってわかるのですか?

直接的にエネルギーを消費する活動は、そのエネルギーのCO2排出原単位をかければ得られます。
間接的な排出量、たとえばコーヒーを飲むという消費活動の場合は、LCA(ライフサイクルアセスメント)というツールを活用します。PEARでは、国立環境研究所が、産業連関表を用いて計算した計算結果を用いています。今後さらに正確な数字が得られれば、随時更新していく予定です。詳細は、算定根拠ページをご覧下さい。

カーボンマネージメントとは何ですか?どうしてCO2削減に効くのでしょうか?

通常、何をしてどの程度CO2が出ているか、あまり意識されていません。温暖化問題への最初の一歩は、カーボンマネージメントによって、それを知ることから始まります。そして、自身の排出量を認識できたら、エネルギーの大切さや、温暖化問題への取り組みの必要性などについても、認識が変わると思います。

排出量算定方法に「マージナル」という考えは用いられていますか?

PEARでは、「責任感」という考え方の下で、カーボンフットプリントを計算すべきと言う立場をとっています。これは「マージナル」というより「平均」に近い概念です。たとえば飛行機に乗る場合、乗っても乗らなくてもほぼ同じCO2が排出されます。ですが、乗客のひとりとして、人数で割った分の「責任」があるという考え方をしています。

国際線のフライトからの排出量は京都議定書の数値目標には関係ないと記憶していますが、オフセット対象なのですか?

そう考えていただきたく思っています。PEARでは、ご自身の排出を(京都議定書などの枠組みにこだわらず)地球に対する責任感に基づいてオフセットする、という考え方をしています。

販売に関するFAQ

カーボンオフセットの裏付けとなる活動やCERはあるのですか?

カーボンオフセットサービスのご注文を受ける時点で、CO2削減クレジットであるCERを在庫として保有します。また、PEARの保有する在庫量を超えて、受注や販売はいたしません。

いくらから、カーボンオフセットサービスを購入できますか?

個人の方からのご注文をお受けできる最低金額は1000円(税込)です。
なお、最高金額は10万円(税込)とさせて頂きます。10万円を超えるご注文をご希望の際には、別途お問い合わせください。

排出権の失効は、いつ行われるのですか?

失効は、ご入金が確認できてから通常6週間以内程度で、手続きが完了いたします。完了しましたら、電子メールでオフセット証明書をお送りします。ご注文が集中した場合や、連休の前後などはサービス完了が遅れることがあります。
なお、失効は、2016年12月までは、排出削減クレジットCERを日本政府の取消口座に移転することで完了しておりましたが、現在は日本政府の取消口座への移転手続きができない状態となっております(詳細は、「PEARの今後のカーボンオフセットサービスにつきまして(2015年12月28日時点)」をご覧ください)。しかし、弊社では、従来から、トン単位のCERを、kg単位でオフセットに用いるという厳しい在庫管理のもと、オフセットサービスを行ってきました。この社内在庫管理システムを継続活用することで、現在は、社内にてCERの失効処理・管理を行っております。

クレジットカードで支払いはできますか?

申し訳ありませんが、銀行振込、郵便振込、郵便振替のみとなっております。

注文をキャンセルできますか? 返品はできますか?

ご提供するサービスの性質上、ご注文以降はキャンセルをお受けできません
また、排出権は一旦失効すると元に戻せないので、購入金額を返金することもいたしません。

排出量の計算方法は更新されますか?

排出量の算出方式は、できるだけ最新の情報や知見に基づいて更新します。
また、算出方式の仕様は予告なく変更する場合があります。

在庫切れとなる場合がありますか?

排出削減クレジットの在庫は十分に用意しておりますが、万一品切れの場合にはご注文をお受けいたしません。ご購入のためには次回の入荷をお待ちいただく事になります。